走る110番 トライネット🚔

皆さんこんにちは(^^♪

朝、晩の冷え込みが強くなってきましたね:;(∩´﹏`∩);:

風邪などひかぬように体調管理にはお気を付けください!

私たち介護施設では、デイやショートステイの送迎などで車を運転する機会が非常に多く、最近では危険運転や突発的な事故等、利用者様の安全面も考え各施設の送迎車両にはドライブレコーダーを設置しているのですが、そのことで先日、布施警察より由寿会に「走る110番トライネット」というプロジェクトを立ち上げたので協力して頂けないか?との依頼がありました!

「走る110番トライネット」とは、東大阪市、布施・河内・枚岡警察署と連携し、市内の協力団体(事業者様)に「走る110番トライネット」マグネットシートを交付して、ドライブレコーダー搭載車両に貼付の上、事業活動を通じて市内を走行してもらうことで見守り活動の強化を図り、さらに事件・事故が発生した場合には、ドライブレコーダーの提供を受け、早期解決に役立てる取組です。

地域の治安維持につながるならと、この取り組みに由寿会としても賛同し、法人全体で御協力させていただく運びとなりました(”◇”)ゞ

10月8日にマグネットシートの交付式と出発式が東大阪市役所で行われ、由井理事長も参加させていただきました(^^♪

走る110番トライネット

マグネットシート交付式

出発式

出発式

ご覧のようなマグネットシートを老健アーバンケア・アーバンケア八戸ノ里・アーバンケア稲田の送迎車に貼付し、日々の送迎業務にあたっています。

見守り活動も兼ねているということなので、より一層の安全運転を心がけるいい機会となりました。

これからも地域の皆様が、安心に安全に過ごせるように微力ながらご協力させていただきます。

 

ブログ担当:通所リハビリテーション課 前田

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA