東大阪の畑にさつま芋の苗植えました‼

こんにちは!
今日ご利用者様と施設近くの畑に苗を植えに行きました。さつま芋の苗植えは毎年の恒例行事です。アーバンケアでは季節の行事をとても大切にしています。昔懐かしい土に触れることで記憶がよみがえります。とても楽しそうにされている皆様をご覧ください。

 

さて、さつま芋の苗植えの開始です「苗は寝かせないとあかんよ。」と昔さつま芋植えていた利用者様が教えてくれました。幼いころ畑仕事で苗を植えていたそうです。


苗植えがひと段落したらみんなで休憩してお茶をいただきました。

本日植えたさつま芋は10月に収穫し、料理クラブでさつま芋のおやつを作ります。収穫もご利用者様で行います。また秋にはその模様をお知らせしますね!

今までもご紹介してきましたが、老健アーバンケアでは、毎月の行事で料理クラブ(おやつをみんなで作成)、華道クラブ(フラワーアレンジメント)、書道クラブ、音楽療法、運動クラブなどを各フロアーで行っています。毎日何かしらの行事があり、皆さま楽しんで参加されています。また、季節の行事としては、春の苗植え、お花見、青空ランチ、夏の花火、お祭り、運動会、秋の収穫、その他年に3回開かれる音楽祭など様々なことを行っています。その度にブログで紹介していきます。どうぞお楽しみに!

ブログ担当

栄養課 平川 麻美

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA